機能性低血糖症

  • 調べても原因のわからない様々な体調不良
  • どこに行ったらいいかわからない体調不良
  • 何年何十年もずっと不調が続いている
  • 慢性疲労や腰肩頭の痛みがある
  • 空腹時の強いイライラ

など、自分の症状で行っていいものなのか・・・?というような方が多いです。

機能性低血糖が長期化する最大の原因は、低血糖の存在自体に誰も気が付かないことです。

 

たぶん、何かしらの理由でこのページに行き着いた方でも「これ私だ!」みたいになる人は少ない気がします。

 

逆に言うと、発見して低血糖に陥らないように対策すれば、変な悪化はしにくくなってきます。

日常で起こる低血糖のyoutube

低血糖をテキストで話すのは少々難儀なので、動画で解説することにします。

しゃべろうとしたら結構出てきます。

大前提として、低血糖症の方は自分が低血糖症であることに気づいていません。

なので悪循環な生活を送っているのを止めることが大事です。

 

低血糖を疑った場合の対策は

  • 膵臓・副腎・腎臓のケア
  • 自律神経や細胞機能の正常化
  • 低血糖にならないよう捕食のお願い
  • 砂糖など血糖値の乱高下の予防
  • 運動制限

これらを適正に行う、二人三脚で勝負していく必要があります。

上2つが整体で行うことであり、可能な限り早期回復を目指します。

 

決して「砂糖抜きだけしてれば治るんでしょ」という自己流ケアではうまくいきません。(状況はわかったから後は自分で何とかします、って人は現実多いです)

 

よくある上手じゃなかった生活としては

  • 朝昼兼用の朝食から夕方まで何も食べない。
  • 甘いもの好き。
  • 寝る前に甘いものを摂取してて朝冴えない。
  • 缶ジュースを飲んで2時間以内に何も食べない。

あたりが挙がるので、これはやめてもらいます。

 

また、回復期に登山など強度のある運動をして一気に体調が悪化して3日くらい戻らないなど、慎重に進める必要があるのが機能性低血糖症です。

 

ただ、低血糖症を発見さえすれば1ヵ月以内に体調の回復を感じることが多いです。最短では1週間で感じられます。

ライン予約

1.(社)自律神経整体協会認定講師として積み重ねてきた実績による専門性

自律神経整体講習会

院長の瀬川は、全国で270名以上の会員数を誇る(社)日本自律神経整体協会の北海道・東北地区のエリアリーダーとして活動していて、プロを指導する立場となっています。

同時に、自律神経整体は非常にソフトな施術法ですので、頚椎症や頸椎ヘルニア・人工股関節の手術後・産後などデリケートな状態の時でも負担なく施術可能です。

2.例えを交えながらの腑に落ちやすい説明

説明

なぜあなたの不調が薬や整体でうまくいってなかったか、という原因を自律神経整体の目線からお伝えします。

原因の見立て方の違いが他店との決定的な違いになっております。

3.LINEで相談ができます。

聞き忘れや、次回予約の日までの間で気になる症状が出てくるときもありますよね。

そんな時にLINEをいただければお返事いたします。

少しでも気になるようでしたらお電話かラインでご相談ください。

当店をご利用になられたことのない方でもLINEいただいた場合はお返事いたします(会ったことがない方の場合、情報不足のため答えられない質問もありますが)

施術料金のご案内

初回 初検料 2000円

施術料 6500円

合 計 8500円(税込み)

2回目以降 施術料 6500円(税込み)

初回限定料金のご提案

初めて行く整骨院で不安を感じない人は少ないです。

「どんな施術をされるのだろう・・・」「安心して体を任せられるのか?」

と思うのは当然です。

今現在の私でも知らない整体院に行くのは怖いです。なぜなら誰に何されるかわからないからです。

また、自律神経という特殊な悩みをお持ちの方ですと、色々な病院や治療院に行っていることでしょう。そして芳しくない結果に終わっていることもあるでしょう。

ですので、折角このページを見てくださったあなたに、私から特別なご提案がございます。

 

半年以上前からのつらい症状が初回施術だけで完全に消えてもう終生再発しない、という都合の良いものではありません。

状態によっては、日常生活でのお願いや経過観察など2ヵ月程度のお時間と複数回の来所を要する場面もあるかと思います(症状が重く長患いしている場合は2ヵ月以上かかることもあります)

 

なので、施術を続けて受けてみたいと思えるかどうかは別として、「複数回の施術が必要になると言われることもある」と初回来所前にご家族の方にお伝えください。(夫に聞いてみないといけない場合など)

 

また自律神経の場合、最初病院に行くべきか最初整骨院に行こうかという選択もあるかと思います。

そのような時は、重大な病の恐れがあるので、正しい順序として先に病院に行ってみてください。

病院で精密検査を受けていないことによって心の中でガンとかへの疑念が消えてくれずスッキリしないので。

自律神経で来る方はだいたいキッチリとした病名がつかず「自律神経失調症」とか「原因不明です、ストレスとか自律神経からじゃないでしょうか」と言われて来るケースが多いです。重大な病ではなくて、そこは良かったと思いますが。

追伸

「骨が変形してるから痛いのです」「異常はありませんでしたが、痛み止めのお薬だしときますね」と言われたっきり思考停止して動き出せない毎日を送ってはいませんか?

逆に腰が曲がっている割に「どこも痛くない」という人に会ってうらやましく思ったことはありませんか?

決意次第では、この「どこも痛くない」側になることも可能です。

一緒にうらやましがられる側になってみませんか?