ひざの痛み

変形性膝関節症についての実感

  • 膝の痛みのせいで部活動に支障が出ている。
  • 湿布をずっともらっているが、膝の痛みは変わらない。
  • 注射をされるのが苦痛だ。
  • 膝の痛みのため、階段が嫌だ。
  • 長時間歩いた次の日、膝の痛みが強くなる。
  • 変形性膝関節症と医師から診断され、落ち込んでいる。

変形性膝関節症が治った

施術前検査だけで腰痛が消えるケース

変形性膝関節症によるO脚変形

膝の治療を受け続けているが、いまいち回復していかないという現状ではありませんか?

そして治らない原因が「年のせいだから」「膝が変形してるのは治らないって言われたから」「成長痛とは付き合っていくもの」と半分諦めてはいませんか?

逆に年齢を重ねていても、写真のように膝が変形していても、成長期にも関わらず膝の痛みと無縁な方もいるという現実を見て、羨ましくなったりはしませんか?

一例を挙げると、膝痛のない人・ある人の違いとしては足首や股関節のクッション性の違いが挙げられます。

クッションがないと、どんなに体重を落としても、筋トレに精を出しても膝に強い負担がかかり続けます。

ですが、膝痛と同じく足首のクッションは足のマッサージ(対症療法)では解決しません。

なので、当院では何が足首を固くしているのかを調べて再発しないよう調整をかけていきます。(足首が回復を妨げる原因というのはあくまで一例です。)

もしこのページをお読みになって治療に興味をお持ちになっていただければ幸いでございます。

主な膝関節の疾患

  • 変形性膝関節症
  • 半月板損傷
  • オスグッド
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • 鵞足炎
  • タナ障害
膝疾患分類

どの疾患になるかは好発年齢や部活動などの生活様式に左右されますが、この他にもリウマチなど膝関節疾患は多数存在しています。

レントゲンやMRIで判明するものから、触診や運動時の痛みなどによる臨床症状から判断するものがあります。

病名のつく膝関節疾患はそこまで多くはありませんが、私はいつもこの図を頭に入れて膝のチェックに入ることにしています。

なぜ膝関節が痛くなってしまうのか?

柔軟性

膝痛を起こしうる要素としては

  1. 加齢・骨粗しょう症など骨の弱化
  2. 体重過多
  3. 運動のしすぎ
  4. 運動不足(膝の変形を助長する)
  5. 古傷など長期に渡るケガの影響
  6. 東洋医学の脾虚(すい臓が弱る・糖尿病など)
  7. 筋肉・関節の柔軟性不足

などがあります。

通常病院では1~3を指摘することが多いです(私が勉強に行っていた整形外科の先生はダイエットは難しいからと言って体重には触れないと言っていました。)

一般的な医療機関での治療

変形性膝関節症の考察

一般的に膝が痛いと言って医療機関を訪れた人が受ける治療としては

  1. 湿布・痛み止めの処方
  2. 関節内ヒアルロン酸注射
  3. 筋力トレーニングの指導(大腿四頭筋)
  4. 太もも・ふくらはぎのマッサージ
  5. 電気治療

これらを行うことが多いです。

ちなみに、除痛効果をABCでランク付けをした時、湿布がCランクで最も効果が低く、ヒアルロン酸注射がBランク、大腿四頭筋のトレーニングがAランクと、意外な結果が発表されています。

注射は効果が高そうですが、意外と筋肉という名の自前の膝サポーターを装備している方が整形外科学会では高い評価を受けています。

そして、膝関節に関するどの文献を見ても大腿四頭筋強化について取り上げられているだけあって、どんな膝痛であっても膝関節の安定性を出すために大腿四頭筋は欠かせないのは事実です。

写真では、1番上が大腿四頭筋のトレーニング(20回程度ゆっくりやるのが一般的)、2番目が膝内側の骨と骨の強い摩擦を防ぐための考察、3番目が足底挿板という膝の歩行痛を使用直後から和らげるアイテムの紹介です。

 

この筋トレや注射といった膝に対する対症療法が、整骨院や整体を含め一般的な医療機関で選択されています。

そして、この治療法で膝の痛みが満足いく結果になっていない方が当院での治療を受けられております。

当院で行う膝関節対策

当院では道内唯一の自律神経整体認定院として、まず症状の原因を

  • 肉体ストレスによるもの
  • 感情ストレスによるもの
  • 環境ストレスによるもの

で、どの要素が体に悪影響を与えているかをチェックしていきます。

肉体ストレスは「内臓疲労」「血流」「ホルモンバランス」などが挙げられます。

感情ストレスは「ご自身の症状に対する考え方」「誰かからマイナスオーラを浴びていないか」「過去のトラウマ」などが挙げられ、意外と多いです。

環境ストレスは「冷え」「糖質過多」「電磁波」などがあり、これらが慢性的に肉体を弱くした結果として不調を招くケースが多いです。

当院では、これら3種類のストレスから不調の原因を割り出し調整をかけていきます。

そして先述の、膝関節以外の足首などを掘り下げてもう一度お話いたします。

膝関節が痛いから膝関節に気を使って過ごすのは当然です、ですが普段の膝関節痛の具合も治療効果も人それぞれ違います。

ここで差となって出てくるのは膝関節以外の関節のクッション性です。

たとえば階段を降りる時、衝撃は足首から始まります。

足首・股関節・骨盤が固く衝撃が吸収されなければされないほど膝関節への負担は増していってしまいます。

他にも背骨の固さ・筋肉・内臓の話も関係あります。

膝関節以外の関節や筋肉が固いと、順番的に走ったり歩いたりした時に筋肉や関節が耐え切れなくなります。

マラソンで言うと、「息はあがってないが、足がパンパンなため速く走れない」という状況です。

この場合ですと必要なのは根性論や足のマッサージではありません。いつも疲れる部位を治療しても結局は同じ部位を痛めるので。

将来のために必要なのは、どこに原因があって足がパンパンになるのかを調べることです。

よくあるケースとして、意外と食べすぎなど内臓に負担をかけている人は内臓にばかり修復液の役目を持つ血液が集まり、股関節にまで血流が回らなく回復が遅くなるケースがあります。

体重を減らすようにという指導も正しいですが、足元にも対策は必要です。(良い靴を選ぶことを含めて)

そして、負担が少なくなりさえすれば負担<回復力となり自然に回復していきます。

もし、膝関節だけに着目していて改善がみられていないようでしたら、1度当院での全身チェック・治療を受けてみてください。

成長痛用施術を変形性膝関節症にやってみた

before画像

変形性膝関節症でここまでしかしゃがめなかった方が・・・

after画像

わずか2分でここまで曲がるようになりました!

曲がるだけでも凄いのですが、痛さも減る優れたテクニックを使用しました。

所要時間たったの2分!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

急性期の膝の炎症

アンケート用紙

①初めて来店された時はどこが痛かったですか?

両膝

 

②当店で施術を受けてみて、その症状はどう変化しましたか?

初回で熱を持つ膝を見た先生はすぐに氷を袋に入れて患部を冷して下さいました。

その後施術を受け、帰りには嘘のように痛みが取れて居ました。

今は杖がなくても歩けるようになり、感謝の気持で一杯です。

 

③当店の「ここは良かったな、他と違うな」と心に残った施術・説明はありましたか?

身体の仕組のお話など、心の癒など

 

④調子が良くなって、嬉しいこと・したいことはございますか?

旅行に行きたい。

 

⑤同じような症状でお悩みの方がいたら何と言ってあげたいですか?

絶対に良くなるよ。先生は救世主だから(私の心の中で)治してくれるよって。

札幌市西区 山下恭子さん 88歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ライン予約

1.(社)自律神経整体協会認定講師として積み重ねてきた実績による専門性

自律神経整体講習会

院長の瀬川は、全国で270名以上の会員数を誇る(社)日本自律神経整体協会の北海道・東北地区のエリアリーダーとして活動していて、プロを指導する立場となっています。

同時に、自律神経整体は非常にソフトな施術法ですので、頚椎症や頸椎ヘルニア・人工股関節の手術後・産後などデリケートな状態の時でも負担なく施術可能です。

2.例えを交えながらの腑に落ちやすい説明

説明

なぜあなたの不調が薬や整体でうまくいってなかったか、という原因を自律神経整体の目線からお伝えします。

原因の見立て方の違いが他店との決定的な違いになっております。

3.LINEで相談ができます。

聞き忘れや、次回予約の日までの間で気になる症状が出てくるときもありますよね。

そんな時にLINEをいただければお返事いたします。

少しでも気になるようでしたらお電話かラインでご相談ください。

当店をご利用になられたことのない方でもLINEいただいた場合はお返事いたします(会ったことがない方の場合、情報不足のため答えられない質問もありますが)

施術料金のご案内

初回 初検料 2000円

施術料 6500円

合 計 8500円(税込み)

2回目以降 施術料 6500円(税込み)

ライン予約

追伸

「骨が変形してるから痛いのです」「異常はありませんでしたが、痛み止めのお薬だしときますね」と言われたっきり思考停止して動き出せない毎日を送ってはいませんか?

逆に腰が曲がっている割に「どこも痛くない」という人に会ってうらやましく思ったことはありませんか?

決意次第では、この「どこも痛くない」側になることも可能です。

一緒にうらやましがられる側になってみませんか?

ひざの痛みに関する関連記事